自転車のことの最近のブログ記事

タイヤのサイズの見方

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!  今回はタイヤのサイズの見方なんかを・・・・・

パンク修理依頼の電話を頂いた際に、バイクや自転車のタイプをお聞きしております

その時に、タイヤのサイズが判ってあれば超有難いです。(笑)

サービスカーには、おおよそのサイズのタイヤやチューブを在庫しておりますが

すべてのバイクや自転車のサイズを網羅できるものではありません・・・

お客様の愛車に、出来るだけベストな修理が出来ますようにご協力ください。

画像のように、自転車だと 26X1 3/8 (にじゅうろく X いっかはちぶんのさん)

P1010009.JPG


20X1.75 (にじゅう X いってんななごう) や、700-28C (ななひゃく X にじゅうはち しー)

などと表示してあり、バイクの場合だと 3.00-10 (さんびゃくのじゅう)

90/90-10 (きゅうじゅう、きゅうじゅうのじゅう) などと表示してあります。


P1010001.JPG


パンクの原因01

| コメント(0) | トラックバック(0)
CA3C03480001.jpg


画像真ん中あたりに穴が開いたチューブですが、その横にも沢山ぶつぶつしたものが見えます。

これは、空気圧不足によって、外側のタイヤと内側のチューブがこすれあい、

タイヤよりもやわらかい材質のチューブが削れて、このような状態になります。

穴をふさいでも、また別の所に穴が開くため、この場合はチューブの交換をお勧めします。

いつも、空気圧を適正に保つ事で、防ぐ事ができます。


panku02.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

段差を乗り越えたときなどの、強い衝撃を受けたときにこうなります。

地面とホイール(リム)との圧力により、チューブが押し切られ穴が開きます。

ヘビが噛んだように穴が二つ開くため、スネークバイトと言われるパンクですが、

パンクの原因として一番多いものです。

これも、適正空気圧があれば、ほぼ100%パンクを防ぐことができます。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自転車のことカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは原付やバイクのことです。

次のカテゴリは車イスや自動車やその他です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。