なんでこぅなるの?(スクータータイヤ)

| コメント(1) | トラックバック(0)
P1010033.JPG


先日、「何か、リヤタイヤが『ガタガタ』する。」と依頼があり、タイヤを調達のうえ急行。。

診てみると、リヤタイヤが画像のようにタンコブ状に膨らんでました

この症状は、四輪車のタイヤでは、たまにみかけますが、消耗や交換が早い二輪ではまれです

以前、メーカーに原因調査を依頼した結果によると・・

低空気圧での走行を続け、タイヤが異常発熱し内部カーカスの剥離を引き起こした物

との事でした。

ゴム自体の膨張や強度を増すためにタイヤ内部には、ナイロンや鉄の糸で『カゴ』の

ように編み込んだ物が入ってます。

もっと言えば、編み込んだカゴにゴムを貼り付けた物が、タイヤです。

これが、タイヤとチューブの大きな違いです、チューブはカゴがないので、空気を入れれば

どんどん膨らんで、やがて破裂します。

つまり、低空気圧で発熱し、ゴムとカゴの密着が外れてしまったと言うわけです

タイヤの中の空気って、タイヤを冷やす役目もしてるんですねぇ~~!

最近は、様々な観点から、原付スクーターから、ビッグバイクまでチューブが入ってない

チューブレスタイヤが、使われています。

チューブレスと言うことはチューブが入ってない ってことデス

チューブが無くてもいいように作られたのが、チューブレスタイヤと専用ホイールです。

なるべく、空気が漏れないように作られてます・・・っが、絶対漏れないわけではありません

少~~しずつですが、漏れてます。。

ですから、空気圧のチェックが要るんです、1~2ヶ月に1度はチェックしましょう。

ホームセンター等でも計る物が¥1000くらいで売られてます、ご自分で診るのが面倒なら

ガソリンを入れるときにでも、お願いしてみては・・・・?。

自動車学校や、免許試験場でタイヤが波打って終いには破裂しボロボロになる

『スタンディングウェーブ現象』って映画見ませんでした?

えっ!見なかった・・・・?!     こりゃまた古い話しで失礼しました。。









トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poweredbystep.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメント(1)

私の車もなりました、(自慢できることではないですが)
以来はまめに点検してます。スタンディングウエーブ現象見ましたよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、ステップが2011年4月24日 12:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これ、な~んだ?」です。

次のブログ記事は「アメリカンバイクのパンクって・・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。